FC2ブログ

The Pollyanna Syndrome 2

主にフィギュア、ヴィネットの原型造形の製作記。 ほかに名作文学、絵、ロボットメカトロニクスなど。 ※Written in Japanese.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胸像習作01

石粉粘土というものを使ってみようと思い、
即興的に胸像を制作開始。



M0101.jpg


実際使ってみると、粘土以外のなにものでもない材質。
大きい作品を作るのならば、ものの数分でここまで形になるのがすごい。石とかだとこんなぐあいにはゆきません。粘土すごい。
水をつけると復活するところもすごい。
でも彫刻刀の入りやすさだとポリパテのほうがよい。



こんな感じになりました。
M0102.jpg

M0103.jpg

M0104.jpg

M0105.jpg

たぶん石粉粘土にもいろいろ種類があるのだと思うのですが、
私が今回使ったのは若干軽量のもので、
刃物をいれると表面がぼそぼそしてしまうことがありました。
特にきわ刀をいれると最悪でした。なので、まぶたや瞳がうまく彫れません。



やさしくて温かいまなざしに仕上げたいのだけど・・・。
作りはじめが思いつきだったのでまだ特にイメージがありません。
頭部(髪の部分)をどうするかがポイントです。
 ・印象的なセミロングにする
 ・ドールみたいな植毛にチャレンジする
 ・フェルメールやレニみたいなターバンぽいのにする
 ・トーガのアウグストゥスみたいにする

とりあえず今は模倣して学ぼうと思っています。
M0106.jpg
ミュシャ
Cenci.jpg
レニ
P01.jpg
ミケランジェロ
スポンサーサイト

B06

2週間ぶりにベスの製作にとりかかりました。
今回は、主に顔の造形を行いました。

全体のプロポーションは固定してきましたので、
次からは、部品ごとに分割して細部造形を行ってゆきます。




顔の造形

 ・横顔のシルエットを調整した。
 ・口の両脇のくぼみ部分を強調した。
 ・まぶたを強調した。ゾインゴ!
 ・目はまた造り直しました。
 ・目頭部分の堀を深くした。


B0602.jpg

猫がじゃまで口元の表面を整えられない・・・。



その他の部分も少し造りこんでゆきました。

 ・三つ編みにリボンの元となる塊を追加した。
 ・塊だった左手に指を彫った。
 ・靴をちょっといじった。
 ・袖をふっくらさせた。



B0603.jpg

B0604.jpg

B0605.jpg

B0606.jpg

・もう少し、下あごを削ったほうがかっこいいかもって思った。
・まぶた部分を彫るのに丁度よい刃物がなくてこまったさんぶちぎれ。
・うわくちびるのとんがりが足りない。スネちゃまきぼう。




ボトルキャップにぴったりんこサイズ。ボインゴ!
B0601.jpg

ベス制作記05

いろいろ立て込んでいたスケジュールが終わって、ようやく休日らしい休日が過ごせるようになりました。

ベスの制作も何ヶ月ぶりだろう・・・。
3ヶ月ほど前に、腕や服の細部造形のため部品を分割しました。
そして、スカートや靴、背中部分などの造形を行いました。
B0500.jpg




しかし、猫と手の位置関係がうまくあわせられなくなりました。
そこで、再び腕を接合しました。
猫も一緒につけました。
猫と手の間にはマスキングテープを張っておき、あとで簡単に離れるようになっています。
この状態で最終段階まで仕上げようと思います。
B0501.jpg




両手や三つ編み、エプロンの結びを新しく造りました。
これで全部品が揃ったので、あとは細部の造形に集中します。

B0502.jpg

B0503.jpg

B0504.jpg

B0505.jpg




三つ編みにあまり動きが無いためか、
このアングルから見ると、ショートヘアに見えてしまいます。
B0506.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。